社会貢献-CSR-

神山塗装工業は、一塗装店であっても国家の一部である企業としての自覚を持ち、真に社会に必要な組織体を目指しています。神山塗装工業が心がけるCSR(Corporate Social Responsibility) 経営は以下の5つとなります。

1.原理原則に基づいた健全経営の実現

神山塗装工業は、お客様への保証サービスと次の塗替えまでの安心をお約束するのみならず塗装業界の発展へ貢献するためにも、日本建築塗装職人の会が塗装業界基準として定める「原理原則に基づいた経営」を忠実に実行し、健全発展・長期繁栄を目指しております。

2.基本に忠実な本物施工法の追求

神山塗装工業は、お客様満足度の向上と、塗装技術者育成、しいては塗装業界の発展へ貢献を目指し、施工業務カリキュラムを定め、日々の現場を通して「基本に忠実な本物施工法」を追求しています。
※いかにも職人仕事をしているような写真

3.職業倫理の遵守

神山塗装工業は、嘘偽りの無い職務を遂行するために「建築業者の職業倫理」を遵守するとともに、職業を通して社会のお役に立てる立派な人間を育成する経営を心がけております。

4.社員職人の安定雇用の実現

神山塗装工業は「人材」を国家の最重要資源と理解し、社員職人の雇用を実施するとともに、安定雇用の実現を目指し日々に努力しています。

5.地域社会との融合

神山塗装工業は、一塗装店であっても国家の一部である企業としての自覚を持ち、地域社会の振興にも努めております。ボランティア塗替え活動の実施など、これからも地域社会が私たちに求めていることにできる限り応えてゆきたいと考えております。
毎日のように地域のお客様喜びのお声が届いております。
迷子のお子様を保護して感謝状を頂きました。
地元への感謝の気持ちを込め、地元を見守る神社の塗装ボランティアをさせて頂きました。

今すぐお電話をする